まず、飛行機内は湿度が低く設定されているということは、全く知らなかったので驚きました。
確かに、飛行機に乗ると喉が乾いたり唇が乾燥して困ったこともあるので、その原因がわかって納得しました。
飛行機内でも出来る乾燥対策は、スキンケア用品や加湿器を持ち込むという方法。ただし、荷物の規制が厳しい国際線では、化粧水・ジェル・クリームなど、種類によって持ち込める量が変わってくるので注意が必要です。
特に化粧水やジェル、クリームなどは、液体制限が適用されるため、ルールに違反しないように小分けにして持ち込まなければなりません。
一方、保湿マスクや化粧水をコットンに含ませたものは液体と見なされないので、気軽に持ち込むことが出来るのでとても便利で良い方法だなと思いました。
化粧水をコットンに含ませたものはしっかりと密閉しておかないと、いざ使いたい時に乾燥してて使えないということになってしまうので、密閉度の高い袋に入れることが重要です。
スキンケア用品以外では、加湿器もサイズなどによっては持ち込めると知り驚きました。
電気を使わないことと、機内に持ち込めるバッグに入るサイズで周りの人に迷惑をかけないコンパクトなものを選ぶことを守れば、機内に持ち込んで安心して使うことができます。
飛行機内だから仕方ないと諦めていましたが、これらの方法でこれからはしっかりと保湿をして飛行機の旅を楽しみたいと思いました。

詳しくはこちらをご参照下さい。
飛行機内 保湿

関連記事

    None Found