紫外線吸収剤が不使用でクレンジングなしで落とせるUVクリー

アレルギーで敏感肌の方でも肌荒れせずに安心して利用出来る日焼け止めも様々でています。

その代表的なものが紫外線吸収剤不使用のノンケミカルなものです。

ノンケミカル(化学物質が含まれない)なUVクリームは、簡単に石けんや洗顔剤で落とせるという特徴もあります。

こういった点も敏感肌や赤ちゃんにオススメな日焼け止めです。

そこで、SPF30以上の紫外線カット効果のあるものを幾つか紹介したいと思います。

まずは、資生堂から出している2E(ドゥーエ)シリーズです。
3種類ありますが、紫外線が多い場所で使うなら、SPF45++++PA+++というのがオススメです。

なお、SPF45だと赤ちゃんには強すぎますので、ベビー用とするならSPF20PA++のものを使うといいでしょう。

どちらも石けんだけで落ちるタイプなので、肌が弱い方にはオススメです。

次に、同じく資生堂から出しているサンメディックUV 薬用BBプロテクト(マイルド) ライトオークル。
これもノンケミカルなので、石けんで簡単に落とせます。

ただし、日焼け止めとしての効果はあるものの、色付きなので色白の方には抵抗があるかもしれません。

見出し2 ノンケミカルだけで安心するのはNG!防腐剤に注意

肌が弱い方が注意すべきポイントは、紫外線吸収剤だけではありません。

ノンケミカルだからと安心は禁物です。
中には、強い防腐剤が入っているものもあります。

敏感肌や赤ちゃんが防腐剤入りのものを使用すれば、肌トラブルの原因となってしまうので、そこもよく確認してください。

そこで、購入する際には、どんな成分が含まれているかチェックしましょう。
例えば、よくあるのが次の表示です。
・無香料
・無着色
・無鉱物油
・アルコール不使用
・防腐剤不使用
・界面活性剤不使用

ここにあげたすべてが揃っていなくても、表示が多いほど肌への負担が少ないものです。

なお、赤ちゃんが使用するなら、なるべくならすべての表示がされているものを選ぶといいでしょう。

日焼け止めについて、こちらも参考にしてください⇒プール 監視員 日焼け止め

関連記事


    土台となるお肌の状態をよくする みなさん、日焼け止めの正しい塗り方、知っていますか? とりあえず塗ればいいと思っている方がいたらそれは大きな間違いです。 日焼け止めは特に、塗り方がとても大事です。 も…


    ウォーキングは結構長い間紫外線を浴びることになります。 日焼け対策はしっかりしておきましょう。 日焼け止めクリームはもちろんの事、帽子、サングラス、タオル(首用)などで 紫外線にさらされる部分を出来る…


    日焼けしない方法でおススメは飲む日焼け止めサプリです。 日焼け止めクリームではカバーできない箇所や塗りわすれで サンダル焼けやサングラス焼けの様な失態を起こすことが無くなります。 飲む日焼け止めと日焼…