我が家の正月スタイル

社会人となり実家から一人暮らしになり、結婚後は義理の母と同居するようになってから、正月料理のスタイルはあまり変わっていません。
妻も働いているので、毎週宅配生協で食材を中心に頼んでいるので、正月料理も基本的に毎週届けられるカタログから選んでいます。
おせち料理として頼むこともありますが、個別に選んだ方が嫌いなものを頼むことがないので効率的だからです。

定番となる黒豆、数の子、田作り、かもぼこ、きんとんは毎年頼みますが、あとは好みで選ぶことが多いです。
大晦日に届けられるので重箱に詰め替えますが、つい味見をしてしまうので数が減ってしまいます。

子供はやっぱり蟹が好き

蟹は近所にある総合スーパーで買うことが多いのは、実際に見てから選びたいという家族の意向があるからです。
タラバガニの脚の部分を買い、自然解凍してから食べることにしています。
正月には近所に住む義理の妹夫婦が来るのでにぎやかです。
昼間はおせち料理とお雑煮で食べ、夜はすき焼きにしています。
子供たちが良く食べるので肉は多めに用意してありますが、あっというまに食べてしまうので毎年もっと買っておいた方がよかったなと反省することになります。

子供はあまりおせちが好きではないので、すき焼き以外では鳥のから揚げやマカロニサラダが用意されています。
子供たちは和風より洋風に慣れているので仕方ありませんが、おせち料理は縁起物だから一口でいいからといって食べさせています。
日本の正月の風習を忘れてほしくないからです。

詳しくはこちらをご覧下さい。
↓ ↓ ↓
かに本舗 3kg

関連記事


    美味しいワタリガニは、捕獲している海域が近郊になければ、箸をつける事が難しいため、 よい味を食べてみたいなら、有名なカニ通販でワタリガニの申し込みをして頂きたいと 思います。 花咲ガニは貴重なため、市…